デジタル紙芝居映像回想の旅は、いつでも、だれでも、どこへでも、自由自在に心の旅、思い出の旅、記憶の旅、人生関わりの旅が出来る。

稚拙な学校ごっこ等の低次元、高齢者の尊厳を無視したレクリエーションではない。

高齢者のレクリエーションに必要な事の1番は、人生の自己完結につながる時間の使い方だ。

稚拙なレクリエーションもどきで、時間の無駄使いなどさせてはいけない!

このデジタル紙芝居映像回想の旅は、人間の人間たる尊厳を大切にするプログラムだ。

色んな施設のレクリエーション担当になると、めんどくさがって、結局稚拙な幼児ケアのおままごとになってしまう場合が多い。

困ったら、デジタル紙芝居映像回想教室に、気軽に相談してみるとよい。

いつまでも、付添婦的幼児ケアでは対応できない!

IT世代の介護、デジタル世代のケアはもう始まっている。

「パソコン苦手です」ではすまされないぞ!

デジタル紙芝居は、ITコンテンツ、デジタルコンテンツだ。

身に着ければ、最強のプレゼン、パフォーマンス、レクリエーション、コミュニケーションのアイテムになる。